和魂洋才の気持ちを忘れず過ごす京女のシアトル(ロス近郊から引越しました)生活日記

by mikis1128

<   2006年 04月 ( 31 )   > この月の画像一覧

Cruise Diaries

※クルーズDay5以降の日記を更新しました。

Day5-1: Puerto Vallarta
Day5-2: Poolside BBQ Buffet
Day6-1: On-the-ship Actibities II
Day6-2: Gala Buffet
Day7: Farewell

f0045736_1230299.jpg
f0045736_12304180.jpg
f0045736_1231114.jpg
これらはすべてだんなの性能の良いカメラで撮ってもらった写真。私が撮ったものより断然きれいだ~と思って追加でアップしておきました♪

ところで実は、明日からしばらくブログの更新を控えようと思います。今までかなり時間がたくさんあったお気楽主婦だったんだけど、最近仕事を始めたのでちょっと自由時間を有効に使おうと思って。(とか言いながら実は最近たくさん送られててきた映画やドラマDVDを見たい、とかそういう理由が本音だったりして、笑)たまにBigなイベントがあったり、旅行に行ったりしたらきっとまたエントリーするかもですが。

なので私のブログ見てくれていた家族や友達、これからしばらくあの怒涛のような更新がなくなると思うけど、今後しばらくはメールで近況報告するのでよろしくね。そしてLAのブログ友達の皆様、皆様のブログにはちょくちょくお邪魔しようと思うので、今後も引き続きよろしくです~。
[PR]
by mikis1128 | 2006-04-30 00:00 | 1.Life

Mexican Souvenir II

f0045736_9352627.jpg
※今日はようやくクルーズDay3クルーズDay4の日記をアップしました。
f0045736_956045.jpg
写真はメキシコみやげPartII。ブレスレットは値切ってなんと3つでUS$10!(私達が行ったところは観光地なのでUS$が余裕で使える)真ん中のお魚さんは栓抜き。それにしても仕事を始めたので、なかなか平日に更新ができないなあ。別に忙しくないし、家にも早く帰れるんだけど、帰ったら夕食の支度して夕食、だんなとTVみたりするとすぐ遅くなっちゃって・・・。今までどんなに「時間」があったかを痛感!
f0045736_9275072.jpg
もう一つはMazatlanで2つで$10で日よけに買ったキャップ。ここにしかない(らしい)Pulmoniaタクシーの絵が入っていたのでちょっといいかなーと。
[PR]
by mikis1128 | 2006-04-29 00:00 | 1.Life

Mexican Souvenir I

f0045736_13364265.jpg
※今日はクルーズDay2の日記をアップしました。写真はメキシコみやげの一部。小さなマリアッチ(?)人形は実は鈴。人形の真ん中はクビが動く亀さん。いたるところで売られていた。これらはMazatlanで購入。
f0045736_9232659.jpg
こちらはPuerto Vallartaで買ったマグ。
f0045736_9241762.jpg
メキシコはバニラも有名だそうなのでVanilla Extractを買ってみた。Beans入り。
[PR]
by mikis1128 | 2006-04-25 00:00 | 1.Life

Dinner on the ship

※今日はクルーズDay1の日記を更新しました。

f0045736_1275022.jpgそして今日は、クルーズ中の食事について特筆。写真はディナーの中で映りの良かったものの一部。船内のにあるAquarius Dining Roomでは朝から夜までコース料理が食べられる。ただし限られた時間にしかオープンしていない。それ以外の時間はWindjammerというカフェテリアでバイキング形式の食事が可能。
f0045736_128274.jpg私達はたいてい朝はWindjammerで、ディナーは毎回Aquariusで取っていた。(ランチは半分は観光地で、半分はこのどちらかで)Aquariusではまずメニューをもらって、基本的にアピタイザー、サラダORスープ、メインを選ぶことができる。
f0045736_1281836.jpgもちろんこれ、すべて事前にクルーズ代として支払済み。お酒やドリンクは(普通のコーヒーや紅茶以外は)追加で支払わないとだめだけど、食事は含まれているので、それを考えると、毎晩食べたコース料理でクルーズ代のもとが取れているような気がする。
f0045736_1282937.jpgメニューの選び方も慣れてくると「あ、アピタイザー、これとこれが欲しいなー」と言うとそれもOKだったりして。1度だけはロブスターがメインで出た日に「実はロブスターのサイズはそれほど大きくないので、良かったらメインももう1品頼んでみては?」なんて言われて、まさにそうしてしまった食いしん坊な私達。ははは。
f0045736_1283619.jpgお味の方もレストランのコース料理とほぼ変わらないおいしさ。たまにハズレもあったけどそれはレストランでも同じで、想像以上のクオリティーの高さには舌を巻いた。しかしこんな料理ばっかり食べてたらまわりにいるアメリカ人みたいに(おっと失礼!)ぷくぷくになっちゃう~。ゴージャスな食事、実は体には毒だ・・・。
f0045736_1284479.jpg最後の2日ほどはぱんぱんに膨らんだお腹にため息をつきながらもどうしてもビジュアルにやられて最後まで食べてしまうというなんともとほほな状態に。 メイン料理を食べ終わった後はデザートメニューももらえて、そこからおいしいデザートを何種類も頼み、みんなで分けながら「別腹、別腹~」とコーヒーと一緒に頂いてしまいました。
f0045736_1285618.jpgデザートも以外にも甘さが控えめだったり、もともとSugar-freeのものもあったり、なかなかおいしいものが多かった。しかも最後の方では夜中にもBBQ PARTYやGALA BUFFETなんかのイベントが行われてまたもデザートを食べちゃう、みたいなクレージーな食生活を送ってしまった。目は喜ぶけど胃は泣いているかも・・みたいな。
f0045736_1233570.jpgそんなわけで、クルーズはとても楽しかったけど「もう当分いいや~」というのが正直な感想。本当は「自制して食べなかったらいいやん」という話ではあるんだけど、(最後の方は朝食は抜いていたけど)なかなかそれが難しいだもん。1週間で日本滞在1カ月分以上の食事をした のではないかと思うほど食べた私、もうこんな食生活は当分ごめんだわ、と贅沢にも思ってしまった。そして船上アクティビティーもそれなりに楽しめるけどやっぱり私は船の中に閉じ込められる時間の分、滞在都市でもっと時間を過ごしたかったし。しかしロブスター・ビスクとかタラのサフランソースがけとかいろいろおいしかったなあ。ご馳走様、そして22,000人分の食事を作ってくれたシェフの皆さん、本当にお疲れ様でした!
[PR]
by mikis1128 | 2006-04-24 00:00 | 3.Food, Cooking

Came back from Cruise

f0045736_9474520.jpg
1週間のメキシコ・クルーズから帰ってきました~。初めてのクルーズと久しぶりのメキシコ、なかなか楽しかった!それにしても今回の旅行はなんといっても「食・食・食」の旅行だった。クルーズの食事がこんなにすごいものだとは。食べ過ぎて胃が重すぎ。これから食事制限しなくちゃ・・・。旅行記はちょびっと写真をのっけておきましたが、旅行記はゆっくり更新する予定。(上の写真に映っているのがクルーズシップ"Vision of the seas")
[PR]
by mikis1128 | 2006-04-23 00:00 | 1.Life

Day7: Farewell

f0045736_10544519.jpg

クルーズ7日目の土曜日は、次の日は朝7時にサンペドロ港に到着し、船を降りるだけの日だから実質最終日だ。 なんだか早かったなあ。この日も朝はゆっくり起きて名残惜しげに最後のサウナへ。きっとこのクルーズで私が一番サウナ(スチームも含めて)を使ったのではないだろうか(苦笑)、ホント気持良かった~。お昼にはロビーで"International Flag Parade"が行われた。もともとアウトドアプールのプールサイドで行われる予定だったのだけど、この日は風が強く天気も曇りだったので、室内になったみたい。クルーのみんなが自分の出身国またはお客さんの出身国の旗を持って15分ほどパレードするだけのものだけど、主要クルーメンバーはキャプテンから紹介されたりもしていて、なんかクルー同士も仲が良さそうだったし、いかにこの船が多国籍かが良くわかっておもしろかった。パレードを見終わった後はSomi&Junと一緒に最後のコース・ランチへ。
f0045736_1022633.jpg

ランチが終わった後はWindjammer Cafeに行って、これまた食後のデザートを片手に花札したりおしゃべりしたり、たわいもない会話を楽しむ。・・・とここで感動の一瞬が!なんと窓からイルカの群れのジャンプする姿が見られたのだ!今までも何度か野生のイルカを見たことがあったけれど、クルーズでは初めてだったし、その群れの数も10匹以上いたみたいで、ぴょんぴょんと何匹ものイルカが水面から姿を出してくれたのには感動した。このとき私もだんなも残念ながらカメラを持っていなかったのだけど、Junが持っていてくれて、1匹だけだけどジャンプしている姿をゲットしてくれた。(写真がその1枚♪さすがに距離があったし普通のカメラで撮ったので小さいけれど)そういえばこの辺りには1月~3月くらいはクジラがたくさん見られるらしく、ホエール・ウォッチングのツアーもたくさん出ているそう。義妹夫婦も2月にCaboに行った時にクジラのジャンプが見られたそうだ。うー、次行く時はこの時期に是非行きたいものだ。(カリフォルニアでも見られるけどね!)
f0045736_1054556.jpg

夕方は船内でやっていたゲームに少し参加したりする。本当は時間がたくさんあったので運動すればよかっただろうけどみんなちょっとお疲れモード(あるいはお腹がたぷたぷ過ぎて動きが鈍くて?)で、だらだらと過ごしてしまう。そうこうしているうちにディナータイム。お腹はもうはちきれそうなんだけど、最後のディナー、きちんと頂いてしまいました。毎日ディナーの席ではウエイター・ウエイトレスが何かしらやってくれたけど、この日はウエイターのリーダー達をキャプテンがまた名指しでご苦労様、と声をかけ、私達も盛大な拍手(&チップは後で担当のウエイトレス達に直接お渡し)、でこの1週間のお礼をした。ちなみに金曜のディナーの席ではGALA BUFFET直前ということもあって、厨房のシェフ達が出てきてくれたし、これで朝のFlag Paradeも含め、ほぼすべてのクルー達が顔を出してくれて、私達もお礼の拍手をさせてもらうことができた。

ディナーの後は船内DFSや最後のショー、それから(今まで実は毎日行われていたらしい大会の最後としての)カラオケ大会を覗いたりして過ごした。そろそろ地上の生活が恋しくなってきたところ、1週間はちょうど良い時間だったかもしれない。それにしても思ったより楽しかった(そしておいしかった!)クルーズを、仲良し夫婦友達と一緒に体験できて良かった。そしてうちのだんながこの旅行を期待以上にかなり楽しんだようなので、仕事のストレスがだいぶ癒されたみたいでそれも良かった。最後にこのクルーズでは本当に乗客もバケーション気分だからかみんなとってもフレンドリーだったし、クルーのサービスもすごくちゃんとしてたし、最後までお客として気持よく過ごせたことも良かったなあ、と思う。

日本から帰ってすぐなのにまたバケーションに連れて行ってくれただんなに感謝!ありがとね~。今からしばらく仕事頑張ります!そして次のバケーションは・・・是非ヨーロッパに連れてって(笑)♪
[PR]
by mikis1128 | 2006-04-22 00:00 | 1.Life
f0045736_14235231.jpgf0045736_1424356.jpg
クルーズ6日目、とうとう帰途をたどる日になってしまった。金曜&土曜は終日海の上で過ごす、ちょっともったいない時間。でもまあ久しぶりにゆっくり寝られるのでアラームも鳴らさず朝寝坊。私とだんなは10時ごろに起きたのでそれから少しだけジム&サウナで汗を流し、12時にSomi&Junとランチで集合。クルーズも6日目になると今までの暴飲暴食がたたってお腹なんて全く減らないくらいなんだけど、せっかくの豪遊、金・土はランチもコースでいかないとね!と豚ちゃん路線まっしぐら。ランチの後はCruise Compass(その日のスケジュール)を見ていろいろなアクティビティーをチェック。まずはBelly Flop Competitionとやらを覗きにアウトドアプールへ。いやあ、これ、恥知らずな(おっと失礼)アメリカ人のおでぶさん達が自分のお腹で腹打ちしたときに飛ばす水しぶきの大きさを競うといういかにもアメリカ!な遊びなのだ。この日はおじさんに混じってかわいい男の子が参加していてご愛嬌だった。この子は全然太ってなかったのできっと目立ちたがりだったんだろう。f0045736_14134725.jpgf0045736_1411495.jpg
それからArt Auctionも一応登録すればアート作品がもらえる、というのでアート鑑賞がてらちょっと参加してみた。結局もらったアート作品とやらはA4のアート・コピーでこれは99ドル相当のアート作品のコピーという唄い文句だったけど、Somiいわく「これ前Pasadenaの美術館でただでもらった」そうだ。ま、いいけどね~♪f0045736_1436373.jpgf0045736_14361170.jpg
というのもこのオークションのお陰でなかなかいい感じのアーティストを1人知ることができたから。この2つの作品もそのアーティストの作品。彼の名前はFelix Masと言う。バルセロナ出身のアーティストらしい。彼の作品でここで見たものはすべて西洋風美人画という感じ。日本びいきなのかよくわからないけど、美人の西洋人が着物着ていたり、この左の写真のように密かに日本画が混じっていたりしているところが日本人としてはとてもうれしい。しかも彼の書く美人がとっても素敵で、私達4人、かなり彼の作品(特にこの2点)が好きになった。左の作品ちなみにいくら?と聞いてみたら1000数ドルからオークションでビットされる、ということ。いや~、持ち家もない私達にはちょっと高すぎ。登録者には400ドルだったか、1名だけ当るという時間があったので、そこでもし当れば残金を出して買おう!と宣言しただんなだったけど、もちろんそんなにラッキーはことは私達には起こらなかった。残念!f0045736_14183590.jpgf0045736_1415332.jpg
2時半からはStars at Seaというグループの"Dance Spirit"というショーをMasquerade Theatreで鑑賞。これがまた老若男女がそれぞれの持ち味を生かしてくれてとってもおもしろかった。一番良かったのは小学生から高校生くらいのガールズ。かわいいわ、ダンスは抜群だわ、でこっちもうきうき。でもおじさんやおばあちゃんグループの検討もすごかった!(おばあちゃんの美脚に目が飛び出そうだったもんね)ダンス・ショーの後は少し花札をして時間をつぶしてから、7時から同じくMasquerade Theatreで行われたThe Hill Brothersによるマジック・ショーも鑑賞。f0045736_1326248.jpgf0045736_13262088.jpg
f0045736_13264336.jpgf0045736_13265620.jpg
[PR]
by mikis1128 | 2006-04-21 00:01 | 1.Life

Day6-2: Gala Buffet

さて、金曜の夜、またいつものように豪華コースを食べた後、すごいイベントが私達を待っていた!それは"GALA BUFFET"、夜中の11時半からまずは写真撮影タイム、そして12時半からは食事タイムと分けられた。これはすべてだんなが私のよりずっと性能の良いカメラで撮ったものなのだけど、それでも現実に目の前で見る感動はきっと伝わらない。食の祭典のように美しく飾られたアートとも呼べる食べ物、氷細工にデザート達。堪能させて頂きました!これ作られた方々、本当にお疲れ様でした&素晴らしい食事をいつもありがとうございました!拍手喝采ものだ!しかしこの日は私はもうお腹がぱんぱんに膨れ上がっていたので食べるのは我慢に我慢して(しかもデザートはちょっと甘そうだったし)サーモン1切れに少しキャビアを載せたのと、ケーキ1切れだけにしておいた。(他の3人は・・・ノーコメント、笑)なので2時ごろには寝ることができたし、また1時間時差が戻ってくるのであまり疲れずに済んだ。ああ、残すは後土曜日のみ。なんとなく惜しい気もしながらおやすみ。
f0045736_13533554.jpg

f0045736_13555184.jpg

f0045736_1356493.jpg

f0045736_13561594.jpg

f0045736_13563063.jpgf0045736_13564163.jpg
f0045736_13565580.jpg

f0045736_1357418.jpg

f0045736_13583490.jpg

f0045736_13584647.jpg

f0045736_1414421.jpg

f0045736_1415875.jpg


[PR]
by mikis1128 | 2006-04-21 00:00 | 1.Life

Day5-1: Puerto Vallarta

f0045736_13455542.jpgf0045736_13502055.jpg
クルーズ5日は最後の停泊地、Puerto Vallarta(プエルト・バヤルタ)で朝の8時から夜9時半まで、という長~い自由時間をもらう。この日は午後オプション(船内で予約したエクスカーション)でATVと呼ばれるサンドバギー・ツアーを入れていたのだけどその集合場所は船を出たところ。なので午前中は市内観光をして、ランチはいったん船に戻ってすることにした。というのも船内ランチもコースが取れることを知ったので・・(ブッフェで十分なのになんて食いしん坊!)f0045736_13463659.jpgf0045736_1145516.jpg
f0045736_13482197.jpgf0045736_13483571.jpg
f0045736_1349486.jpgf0045736_1349176.jpg
プエルト・バヤルタはマサトランより少し南にある美しいリゾート地で映画「イグアナの夜」の撮影も行われたところだという。(ダイアナ・ロスの別荘地とかもあるそう。)ダウンタウンは海岸沿いですご~くのんびりしたリゾートムードが漂う。そして至る所に不思議なものがさて、船から降りたらいつものようにタクシーを値切ってダウンタウンへ。たとえばこんなにおもしろいオブジェ兼チェアー(上の写真全部座れる!)がこんな風に突然現れたりして楽しい。f0045736_13471687.jpgf0045736_10105480.jpg
f0045736_13522262.jpgf0045736_13523122.jpg
f0045736_101128.jpgf0045736_11453419.jpg
こんなオブジェも。正直ガイドもなしにぷらぷら歩いていたのでこの不思議な逆三角形君が一体何者なのか誰に向かって叫んでいるのか、全くわからなかったけど、もちろん観光客ばりばりの私達、一緒にお叫びのポーズを決めて写真撮っときました(笑)。f0045736_1145435.jpgf0045736_1322630.jpg
f0045736_1322585.jpgf0045736_11455221.jpg
他にもたくさんの素敵な光景があったけれど、掲載はこれくらいに・・。ここでおみやげも少し買ったりしているとあっという間に11時半。午後のツアーが1時半からなので、そろそろ船に戻ってランチにしないと・・・とまたタクシーでえんやこら、船まで戻ってランチをとり、午後はどきどきATVツアー(ATV Off-Roard Adventure)へ!f0045736_13245671.jpgf0045736_11461100.jpg
"ATV Off-Roard Adventure"は大人1人US$89とこれまた安くはないけれど、2月に(遅れたハネムーンで)Caboに行った義妹夫婦がとっても楽しかったので是非!と進めていたこともあって、みんな予約して楽しみにしていたのだ。けども・・・この写真にあるように、ツアーの人数は20名くらいいて、そのみんなが列になって指導員の言われるとおりに運転をしなければいけなかったため、自由に乗れる時間があると思っていただんなや友達は期待ほどは楽しめなかったと終わってからもらしていた。私は「マニュアル車だからクラッチとかしないといけない」と聞いていたので不安におののいていた(免許はマニュアル車で取ったけどそれは日本で10数年ほど前に取った時の話でそれ以来マニュアル車、運転したことがなかった)のだけど、結局私達が使わせてもらったのは半分マニュアル半分オートで思った以上に運転が楽だったので、1速~5速にギアチェンジするのもちょっと楽しくて意外と達成感があった。f0045736_11461092.jpgf0045736_13251841.jpg
ただし残念だったのがこのツアーの場所がとってもとっても暑かったこと。初めからガイドにCountryside and Villagesとは書いてあったけど、実際海辺じゃなくて田舎の砂埃のすごい道を直射日光の下で走り回るもんだから、ホント、水分が体からなくなるようだった。ATVに乗る私達はヘルメットをかぶり、砂埃防御のためにゴーグルとバンダナをマスク代わりにつけることが義務付けられていて、そのお陰で顔中が砂まみれになることはなかったけどすご~くのどが乾く。後、走行中はなかなか写真撮影なんてできないし、なんだかこう優雅に疾走する、という感じでは全くなくて、それは確かに残念だったなあ、と思う。義妹夫婦はCaboの海辺で走れたそうだし、大人数ツアーじゃなかったのである程度自由もきいたそう。その違いは大きいな!写真は途中休憩(水分補給&トイレ)した場所で撮ったもの。後半は左にある写真のような川の中で水しぶきを飛ばしながら車を走らせることができて、ちょっと濡れたけどこの時が一番気持ち良かった。f0045736_1327782.jpgf0045736_11494971.jpg
ツアーの内の2時間はATVに当てられ、後の1時間は船着場からの往復バスに乗っている時間、そして残りの1時間はATVの後のお楽しみランチ(というかスナック)に当てられた。ここはツアーを始めた場所でもあり、ツアーの後手作りタコスを食べた場所でもある。
f0045736_13275379.jpgf0045736_11494098.jpg
タコスはその場でとうもろこし粉からトルティーヤを作ってくれ、チキンORビーフも焼いてくれるとてもフレッシュなものだったけど、最近市販の小麦(しかも自分で買う時はだいたい全粒粉)の薄いトルティーヤばかり食べていた私には分厚くて粉粉っぽい出来立てトルティーヤの方がおいしい!とは言えなかった・・でも一生懸命作ってくれた皆さんには感謝!レストランには現地の普通のお客さんもいて、何かのお祝いなのかマリアッチの演奏もしていたのが本場な感じでうれしかったし。f0045736_13303778.jpgf0045736_11495875.jpg
スナックタイムの後はツアーにありがちな「テキーラ講座」、純度の高い本物のテキーラとはこないにおいしい、などの講義&サンプルのテイスティングと共にテキーラを売り込む、というやつ。お酒の飲めない私は全く興味がなかったけど、暑かったので扇風機のまん前に座って写真を撮ったりして時間をつぶした。うちのだんな、Somi&Jun夫婦はおいしい、おいしい、と何種類ものテキーラを飲んでいた。う、うらやましい・・・。f0045736_13305993.jpgf0045736_1150792.jpgツアーはこれで終了、バスで船着場についた時間は確かもう夜の6時くらい。私達は8時半からディナーなので、1時間ほど船着場の目の前のお土産屋さんコーナーでブレスレットや水着の上から着られる服なんかをまた熱のこもった値切り交渉をしながら仕留め、男性陣も欲しいものを手に入れて勝利の笑みを浮かべながら7時ごろ船に戻った。なかなか楽しい1日だったけどATVツアーのお陰でダウンタウンはあまり時間が取れなかったし美しいだろう海の中も見られなかったので、みんな「ここにはもう一度ゆっくり来たいね!」という意見で一致、次は飛行機で旅行に来て、3泊くらいしたいなあと私も思った。
[PR]
by mikis1128 | 2006-04-20 00:01 | 1.Life

Day5-2: Poolside BBQ Buffet

f0045736_13141245.jpgf0045736_13142465.jpg
木曜の夜、通常のディナーもおいしく頂き、夜は夜で11時から“Dancing Under the Stars Deck Party"が船上アウトドアプールのプールサイドで行われたのでちょびっと参加してみる。11時過ぎにプールサイドに出て行ったら、さっすがパーティー好きのアメリカ人、早くもみんなが既に集まっていて老若男女踊りまくって盛り上がっている!f0045736_13143552.jpgf0045736_13145298.jpg
しかも11時半から合わせてBBQ Buffetが・・・・。8時半から10時までゆっくりとコース料理を食べたところにも関わらず、男どもは「よっしゃ~、食うぞ~」の勢い。私もビジュアルに弱いもんで、おいしそうなアピタイザーやデザートについつい手が伸びてしまう・・・。f0045736_13145980.jpgf0045736_1315782.jpg
船上はすごい人だったので、少しパーティーの雰囲気を楽しんだ後はプレートと共にインドアプールに移動。こちらはとっても人気が少なくて落ち着いけたので、お腹はいっぱいなのに、テーブルで落ち着いてぱくぱくと戦利品を食べてしまう。私もリブを少し分けてもらっちゃった。でも自制してデザートはほとんど残したけど。(というより本当にもうぱんぱんでとても胃に入らなかった)膨らみすぎたお腹のせいでまだまだ寝ることはできなさそう。もうすぐ旅も終わってしまうこの日、次の日もずっと船の中だし、時差でまた1時間取り戻せることもあって気持ちに余裕が出た4人、消化するためにしばらくここにいよう、とぺちゃくちゃおしゃべりを始めて・・・。f0045736_13152471.jpgf0045736_13153426.jpgはっと気づくと明け方の4時!クルーズで唯一の夜更かしをしてしまった。けどいろんな話ができた上にお腹の中の食べ物もしっかり消化できちゃったし、珍しく私、こんなに遅くまで起きていたのにあまりつらくなかった。良かった良かった。次の日は朝食も抜いてランチ・ブッフェの時間に集合することにしてようやく部屋に戻り、おやすみタイム。私はすぐ深~い夢の中へ落ちていった。
[PR]
by mikis1128 | 2006-04-20 00:00 | 3.Food, Cooking