和魂洋才の気持ちを忘れず過ごす京女のシアトル(ロス近郊から引越しました)生活日記

by mikis1128

Texas Last Day

f0045736_557512.jpg
 テキサス旅行最終日は日曜日、フライトの時間が午後3時半頃だったので朝は韓国系の教会をチェックしておいて立ち寄ってみた。いつも行っているところよりはるかに大きい教会、きちんと赤ちゃんルームもあったのでそこに入ったら人懐っこいパパさんが話しかけてきてくれた。彼によるとここはファースト・ジェネレーションが多いみたいで3つも韓国語の説教の時間があるという。私達が入った英語のサービスは最近できたらしい。でもうちの教会と変わらず200人ほどの若者が参加していた。テキサスも韓国人、わりに多いんだなあ!

 礼拝の後すぐに空港に向かった。ランチは空港の中で取ればいいし、と思って。でも到着したところは新しくておしゃれだったのに、出発の方は建物が別なのかよくわからないけど古臭くてろくにレストランもなかって超ショック!しょうがないので小さなフード・エリアのいけてないチャイニーズを食べる。そしてもっともっとショックなことに・・・なんとフライトの時間が2時間ほど遅れてしまっているではないか!がーん。がーん。がーん。一気に1週間の疲れが肩にどっと来た。

 だんなと2人、言葉も少なくしょげかえる私達。唯一平常心でにこにこしているのは我がプリンセス、そら姫。ま、そらがぶーたれない年で良かったとしよう。スターバックスの横にもともとビジネスマン用なのか、PCなど使えるように配慮した空間があって、すわり心地の良いソファがあったのでそこでぎりぎりまで待つことにした。写真にあるように飲みかけのペットボトルでおきあがりこぼしみたいにしてそらに遊ばせたりしたらちょっと喜んでいたし、このインスタント・トイは偶然の産物ながらなかなか役立ってくれた。その後そらもしばらくはキャリアーで抱っこしていたら眠ってくれて思ったよりは早く時間が来てくれて、やっと5時過ぎ搭乗開始。

 ところが・・・。またまた大ショックなことに機内放送でどこかのパーツが足りないのを今運んでいるところなのでそれが届くまで待ってくれ、だと。いい加減にしてくれ!と搭乗客のブーイングがとぶけどどうしようもなく、今度は機内で1時間ほど待たされた。ああ、朝一の便にすりゃ良かったよ。(半泣)そらもだんだん疲れてきて飛行機の中で何度か大きな泣き声を響かせたりいてちょっと周りの人に申し訳なかったけど、前の夫婦は「私達も昔同じように苦労したわよ」とかいってなぐさめてくれたり、人々は親切なまなざしを向けてくれた。ほっ。

 6時半ごろ、やっと飛行機が飛び、ロスには3時間弱で到着。時差もあって家についたのは10時ごろだったけどテキサス時間ではもう0時。そらを寝かせてやっと1時に眠った。ふー。テキサス旅行、楽しかったけどやっぱり赤ちゃんを連れてのフライトは疲れるな。次は秋に日本へ帰る時にもっとも~っと長いフライトが待っている。帰りはだんなも一緒だけど行きは私とそらが2人で先に旅立つ予定なので、2人きり。しかもその頃そらはもっと大きくなっている。あ~、どうなることやら。恐ろしや。

 でもまあ、無事に1週間が過ごせて良かった良かった。そしてテキサス、というか、プレーノは、意外にいけてる街でした。これでテキサス旅行記、おしまい。ちゃんちゃん。
[PR]
by mikis1128 | 2007-06-03 00:00 | 1.Life