和魂洋才の気持ちを忘れず過ごす京女のシアトル(ロス近郊から引越しました)生活日記

by mikis1128

Huntington Library

f0045736_7172834.jpg

久しぶりにハンティントン・ライブラリーに行ってきた。私はロスに来てからはもう5、6回ほど妹やら友達やらを連れていったりしたけど、うちのだんなはずーっと昔に友達に1度連れて行ってもらっただけで私とは一緒に行ったこともなく、もうどんな所だったか記憶もあいまいだしいつか一緒に行って写真もたくさん撮りたいとずっと言っていた。けど入場料がかなり高いのが不服でつい行きそびれていたそうなのだけど、今回Bank of Americaのカードホルダーに5月いっぱい無料で入場できるという特典があることを知って「行くぞ!!!」と気合満々で予定を組んだのだ。

 もちろん2人きりではなくてそらも一緒に。なのでぐずらずすぐ寝てくれそうな午前中に家を出て、11時頃に到着。車の中でぐっすり眠ってくれたので園内ではいい子にしていてくれるかな?と期待して入場。ストローラーを押しながら行く。そらはストローラーの中にいると、寝ても結構すぐ起きるし、起きていたらすぐ抱っこしてもらいたがてぐずるので、「きっと園内はほとんど抱っこだろう」と予想していたんだけど、入場後もおとなしく良い子にしている。

 見ごろを少し過ぎてしまったけどまだたくさん咲いている薔薇のあるRose Gardenでまず写真撮影。そらはなんだかまた眠そうにしている。まだこの時期、日焼け止めもあまりよくないのでぬっていないし、太陽を浴びせるのは避けたかったので、カーシートから出さずにおく。そうしたら10分ほどしてまた眠ってくれた。
f0045736_655530.jpg
 
 そらと一緒に写真を撮ってもらいたかった気持ちもあるけど、その後ずっと抱っこして園内を歩く(だんなはカメラバッグを持ち歩いているので私が抱っこすることになっただろうから)ことを想像すると「うーん、やっぱできるだけ寝ててちょうだい」と思う私。そんな母の願いが届いたのか、なんとまあそら、その後もずーっと眠っていてくれた!!こんなことは超珍しい。母の日が近いので良い子ちゃんにしててくれてるのか、感謝だわ。Rose Gardenの後は映画「Memoirs of Geisha」の撮影シーンにも使われたJapanese Gardenへ。今までとはい違い、ストローラーで行くための道を選びながら歩いたので何度も来たことがある場所でもちょっと新鮮な感じ。5月だからこいのぼりや兜も飾ってあって、だんなに「子供の日は男の子がいる家はこなん風に飾ったりするんだよ~」と説明してあげたりしながら楽しむ。
f0045736_722519.jpg
f0045736_7215283.jpg

 最近ほとんどそらの写真ばっかり撮っていた私が珍しくモデルになって写真を撮ってもらうのはいささか恥ずかしかったけど、ま、せっかくの機会だしいっか。
f0045736_7242365.jpg

 2人共おなかが減ってきたし、きっとそらもそろそろお腹が減ってなくだろうということで、1時過ぎにはCactus Gardenを見て退園。ほかにもちょこちょこあるんだけどこの3つがハンティントンのメインだし、そらが泣く前に出て行くのが賢明だと思って。そのお陰でそらは車に乗ってからうちの近くのレストランでランチをするまで眠り続けてくれた。(ご褒美にうちに着いてからはおニューの服を着たそらをパパがいっぱい撮ってくれた。)
f0045736_7245662.jpg

 最近暑かった天気もこの日はすっごく涼しくて、そらも抱かずにすんだので、ハンティントン園内のお散歩は超快適で、だんなも私もちょっとしたデートを楽しめた。そら、寝ててくれてありがとう!あと数年後、そらがパパやママと手をつないで歩けるようになったらまた来ようね。その時はそらの写真ばっかり撮ってあげようね。
[PR]
by mikis1128 | 2007-05-12 00:00 | 1.Life