和魂洋才の気持ちを忘れず過ごす京女のシアトル(ロス近郊から引越しました)生活日記

by mikis1128

Museum & Cozy Restaurant in Pasadena

f0045736_13142773.jpg
仕事を辞めてちょっとお気楽モードになっているので、久しぶりに美術館にでも行くことに。前もってチェックしていた第4週めの金曜日のこの日は入場料が無料のPacific Asia Museumへ行ってみることに。前から目の前を通り過ぎることはあったんだけど行ったことがなかったし、ちょっと前テレビでThe New Gallery of Japanese Artがオープンしたというニュースを見て、久しぶりに日本の骨董品に触れたくなったので。このミュージアムは思ったとおりかなりこじんまりなミュージアムだったけど、中国・日本・東南アジア・南太平洋の島々などの作品がセンスよく陳列されていて、ほっと一息つける空間だった。写真は美術館の外側にある小さなお庭。
f0045736_13283033.jpg
アート鑑賞の後はおなかを満たしにレストランへ。PasadenaからすぐのSan MarinoにあるJulienneというお店で待ち合わせたのはこの前夫婦でお会いしたEugeenさん。このお店も彼女が決めてくれた。San MarinoはHuntington Libraryで有名だけど、雰囲気はなんだか芦屋のような落ち着いた高級住宅街って感じで車を走らせているだけで楽しい。Julieeneはそんなところにぴったりの外見アイビーで覆われた小洒落たカフェ軒デリという素敵なたたずまい。いい感じ♪お店はかなり人気のようで平日の遅めの昼時というのに人がいっぱいで、Eugeenさんと一緒に外でしばらく待つことになったけれど、ぺちゃくちゃおしゃべりしているうちに入れた。ランチはEugeenさんは写真奥のサラダを、私はクロック・ムッシュー&クスクスサラダを頼んだ。ほんとはガーデン・サラダだったんだけど、クスクスのサラダが欲しいな~と言ったらあっさりOKと変更してくれたのだ。そんなサービスもかなり高感度大。お味の方もなんかオーガニックっぽいおいしさでかなり満足できた。Eugeenさんとは2度目ましてだったけど、すごく楽しく会話もはずんで、Pasadenaまで来た甲斐があったな~、やっぱり女同士のおしゃべりWithおいしいランチってのは平日の午後を幸せな気分で満たしてくれる、と帰りはおなかも心も満たされた私でした。
[PR]
by mikis1128 | 2006-09-22 00:00 | 3.Food, Cooking