和魂洋才の気持ちを忘れず過ごす京女のシアトル(ロス近郊から引越しました)生活日記

by mikis1128

7月に読んだ英語本 2013

※ 2月から、そらが毎日英語で本を読む習慣をつけ毎日15分以上英語で本を読むようになりました。学校でもらってくるプリントに読んだ本のタイトルを記入し、ママがサインする、ということを続け、25回分で1度提出します。そしてとうとう、6月の学校が終わる前に「100Club」にも入会できました。そしてこのクラブ、「125Club」でおしまいですが、6月は学校のイベントも多く、夏休みは遊びが多くなったので毎日は読めなかったため、「125」Clubへの入会は7月に持越しになりました。そしてとうとう、7月19日に125冊目を読み終え、「125Club」にとうとう入ることができました~!!これが100~125冊のタイトル・リストと入会証(幼稚園の最終日に先生にもらっておいたもの)です!よく頑張りました、そらちゃん!!!
f0045736_1323201.jpg
f0045736_13232894.jpg
6月に読んだ本は6月の章で書いたので、ここには7月に読んだ分だけ紹介しておきます。今月もイベント毎が多く、またママもバイトの子が夏休みを取った間たくさん仕事に行かなくてはならず、毎日は英語のおんどくができませんでしたが、3日に1度以上はできました。その代わり、今月は、(先月幼稚園の最終日にBook Reviewをするように、ということでもらってきたReview用のプリントを使って)Book Review(簡単な読書感想絵&文)をたまにするようにしました!できたプリントは下のそらのところで紹介します。
f0045736_9513333.jpg

※ また、6月末からみなも、英語で本を読む練習を軽く始めました!ぱちぱちぱち!
f0045736_9474951.jpg
切っ掛けは図書館のサマー・リーディング・プログラムに参加したこと。去年も2人で参加しましたが、去年はまだ、日本語でも英語でも、しかもママが読んでもOK、ということで楽してプライズをもらわせたのですが、今年は頑張って、夏休みのうちに10回以上は英語の絵本(といっても超簡単の数ページのものですが)を読む練習をさせよう、と思ったからです。
f0045736_9502649.jpg
もちろんまだ単語も読めないのでママが読んでからリピートさせる感じですが、1冊は日本語のおんどくのように、同じ絵本を10回読ませたので、暗記して読めるようにもなりました。それで楽しみ、自信もついたようで、みな、英語の本読みも楽しんでしてくれていてうれしいです。なので、そらほどきっちりとはまださせる気はないですが、夏休みの間、学校に行かない分、家で簡単な英語の本読みは続けてあげようと思います。がんばろうね~、みな!

ということで、今月からみなの読んだ英語本も紹介を始めますね!
f0045736_1435666.jpg


みなが今月読んだ英語本 

① 「I like it when...」: これが今月特に頑張って10回以上読むことにした本です。お蔭でもう暗記してほとんど言えるようになり、それがうれしくて家族にも読んで聞かせようとするし、本人の自信になっていくと思うので、やって良かったなあと思います!本当に短い文章で、同じ単語や文法が出てくるのも覚えやすくてうまくいったコツだったと思います。そういうわけで、英語の本読み、出だしは好調。みな、張り切って楽しんでやってくれています。また来月も1冊だけ集中して読む絵本を決め、あとは1回ずつ、という感じでやってみようと思います!

I Like It When . . .

Mary Murphy / Houghton Mifflin (Juv)



「Above us, in the sky」: エリック・カールのボード・ブックです。これも①に引き続き、簡単で短いので暗記しやすかったので10回読ませてみたら、やっぱり途中から暗記できて、喜んで読めるようになりました!これは、Sがついていたら最後に~Sという発音をする、ということを教えてあげて、Sのサウンドを意識できるようにもできました!
f0045736_6335913.jpg
f0045736_60558.jpg
③ 「I Am」: こどもが英語を覚えるために使う教材のような絵本なので、とっても簡単なもので、これでI Amの使い方を覚えていこう、というようなものです。
f0045736_14395637.jpg
④ 「Penguins, Penguins, Everywhere!」: 下のそらのところでも書いていますが、そらが読んだ後、みなにも読ませてみました。ママが最初に読んで真似して読むだけですが、①のお話もペンギンだったので、ペンギン続きでいいかなと(笑)。

Penguins, Penguins Everywhere

Bob Barner / Chronicle Books



⑤ 「Brand New Readers Green Set」&「Brand New Readers Blue Set」:以前、隣人からもらった幼児が絵本を読み始める時に使う練習絵本で、とっても簡単で入りやすいものなので、これを使いました!何度も読んでいると文字を覚えそうなので、一度読むとステッカーを絵本の裏表紙に貼っていく形をとり、またこれからも続けて読ませようと思っています。

Brand New Readers Green Set

Various / Candlewick

Brand New Readers Blue Set

Various / Candlewick

以下、収録されているもののタイトルです。

「Little and Big」
「Piggy's Bath」
「Edna Bakes Cookies」
「Good Night Dinah」
「Pop Pop Pop Pop Pop」
「Worm is hot」
「Camping」
「Picnic」
「Puddles」
「Worm Smells」
「Yuck」
「Worm Builds」
「The Supermouse」
「Sledding」
「Worm Watches」
「Worm is stuck」
「Winnie's Bedtime」

⑥ 「The Doghouse」: 図書館で見つけてその場で読んだものです。犬小屋にボールが入ってしまって、取りに行く動物たちが帰ってこずに・・・というお話。ママが短く切って少し読んではみなに読んでもらって・・・という形でしました。

The Doghouse

Jan Thomas / Harcourt Childrens Books (J)



みなのSno-Isle Library Summer Programのサマー・リーディング・プログラム修了書&タイトルリスト
f0045736_5383617.jpg
f0045736_2271259.jpg
f0045736_2264937.jpg
f0045736_538622.jpg
Sno-Isleでプライズにも1冊選ばせてもらえた絵本、これにしました。

Tommaso and the Missing Line

Matteo Pericoli / Knopf Books for Young Readers


引き続きその後も10回ずつ読んでは図書館員に見せて、2回目以降はステッカーをもらって図書館に貼ったはりねずみの紙にステッカーを貼っていくことができる、という仕組みでした。
f0045736_11514024.jpg




そらが今月読んだ英語本 一部はそらのBook Reviewつきです!

① 「Curious George Takes A Job」: 今月はCurious George "Original Adventures"シリーズのうちにある分を読みました。これは、日本語では『ひとまねこざる』シリーズとして訳された、ハンス・アウグストとマーガレットのレイ夫妻による絵本のシリーズで、後に別スタッフにより制作され、日本でもやはり別スタッフにより邦題も変更して翻訳された『おさるのジョージ』とは違う、初期作品のことです。この作品は邦題は『ひとまねこざる』で、この初期作品の一番最初の作品は、オリジナル・タイトルが「Curious George」ですが、邦題は『ひとまねこざるときいろいぼうし』になります。そっちは家になかったので、後日図書館から借りて読みました。(このリストの⑧がそれです。)アフリカからやってきたジョージがNYの動物園を抜け出しちゃって、お仕事をしながら、無事にきいろいぼうしのおじさんにもう一度会えるかな?~というお話で、『ひとまねこざるときいろいぼうし』の次に書かれたこのオリジナルシリーズの2作目に当たります。

Curious George Takes a Job

H. A. Rey / Houghton Mifflin (Jp)

f0045736_15172889.jpg
② 「Curious George Goes to the Hospital」: これもCurious George "Original Adventures"シリーズシリーズで、7冊目、オリジナル最終話に当たります。

Curious George Goes to the Hospital

H. A. Rey / Houghton Mifflin (Jp)

f0045736_1519105.jpg
③ 「Curious George and the Puppies」: これは上記した初期作品シリーズではなく、邦題は『おさるのジョージこいぬをかう』になります。

Curious George and the Puppies

Margret Rey / Houghton Mifflin (Jp)

f0045736_13554365.jpg
④ 「Curious George Rides a Bike」: 邦題は『じてんしゃにのるひとまねこざる』で、これは初期作品のCurious George "Original Adventures"シリーズ3作目になります。

Curious George Rides a Bike (Sandpiper Books)

H. A. Rey / Houghton Mifflin (Jp)

f0045736_1356047.jpg
「Happy 4th of July Jenny Sweeney」:独立記念日前に読んでこの休日についてお話しょうと思って6月にも一度読ませていましたが、また独立記念日の日にももう一度読みました。
f0045736_9184453.jpg
朝にパレードに行って帰ってきてから読んだので、さっき自分達が同じことをしたね、と臨場感たっぷりで読み返すことができて良かったです!

Happy 4th of July, Jenny Sweeney

Leslie Kimmelman / Albert Whitman & Co



「Penguins, Penguins, Everywhere!」: おさるのジョージのシリーズもうちにある本を全部読破したので、休憩がてら、夏っぽくて簡単なペンギンのお話を選んだのですが、何気に暑いところに住んでいるペンギンと涼しいところに住んでいるペンギンのことがわかったりして勉強になりました!

Penguins, Penguins, Everywhere!

Bob Barner / Chronicle Books



「Olivia and the Sea Lions」: スーパーの薬局で薬が出るのを待つ間、本のコーナーで見つけて読んだものですが、ちょうどそらがフィールド・トリップに行く前だったのと、日本で水族館にも行ったところだったので、楽しく読めて良かったです。ちなみに京都水族館ではゴマちゃん(アザラシ)は見ましたが、アシカはいなかったかな。

OLIVIA AND THE SEA LIONS (Olivia TV Tie-in)

FARRAH MCDOOGLE / SIMON SPOTLIGHT



「Curious George」: 上記したCurious George "Original Adventures"シリーズ、しかもシリーズ1番はじめの絵本で邦題は『ひとまねこざるときいろいぼうし』になります。これは家になかったので、図書館から借りてきました。ジョージがアフリカから連れて来られた話!

Curious George

H. A. Rey / Houghton Mifflin (Jp)

f0045736_12275887.jpg
「How do Dinosaurs Learn to Read ?」: ママが仕事で忙しい日の合間だったので超短めのもので済ませた日のもの(笑)。
f0045736_1427622.jpg
「The fantastic frying books of Mr. Morris Lessmore」: 邦題は「モリス・レスモアとふしぎな空とぶ本」で、2012年にアカデミー賞短編アニメーション賞を受賞した映画の絵本版!映画は15分ほどで短いですが、とっても素敵な映画でした。映画はBGMだけで無声なのも良い。ですが、短い説明分だけあるこの絵本の方も、私は先に絵本を読みましたが、映画で表現していない部分があり、その文読者の想像力が生かされるので良い部分もありました。どちらもお勧め!

Fantastic Flying Books of Mr. Morris Lessmore: with audio recording

William Joyce / Atheneum Books for Young Readers



「Courage」: この絵本の作者バーナード・ウェバーは「ワニのライル」という絵本シリーズの作者で、来月はこのお話を読もうと思うのですが、同じ作者の書いた、「勇気」についての絵本で、ところどころ「うーん、これは勇気?!」と思うページもありますが、子供達に勇気は人に優しく気持ちなどを教えるのには良い絵本でした!

Courage

Bernard Waber / Houghton Mifflin (Juv)



「Curious George : Cecily G. and the 9 monkeys」: これは邦題、「きりんのセシリーと9ひきのさる」で、この9匹のさるのうちの1匹が実はジョージなのです!!!

Cecily G. and the 9 Monkeys (Curious George)

H. A. Rey / Houghton Mifflin (Jp)

f0045736_9141316.jpg
「Let's go, Froggy」: 以前はお泊りのお話を読んだフロッギー君のお話。そら、大好きです!

Let's Go, Froggy!

Jonathan London / Viking Juvenile

f0045736_9143512.jpg
「Curious George gets a medal」: これはCurious George "Original Adventures"シリーズ4作目になります。邦題は「ろけっとこざる」、かわいいね。え~、ジョージが●●に行った最初の動物だったのか!なあんてね!Wikiによると、原案はマーキュリー計画。モデルはマーキュリー・レッドストーン2号に乗せられたMR-2“サム”(両方とも、実験成功を祝う記念章を研究機関から受けている)。

Curious George Gets a Medal

H. A. Rey / HMH Books for Young Readers

f0045736_934285.jpg
「Curious George flies a kite」: 邦題「たこをあげるひとまねこざる」はCurious George "Original Adventures"シリーズの5作目になります。

Curious George Flies a Kite

Margret Rey / Houghton Mifflin (Juv)

f0045736_915180.jpg
「Curious George learns the Alphabet」: Curious George "Original Adventures"シリーズ6作目に当たるこの絵本、他の5冊を読んでから読んでほんとに良かった。というのも、最初の5話を読んでいなければ読み取れない部分があるのです!!ただのアルファベット本でないおもしろさもそこにあり!!

Curious George Learns the Alphabet

H. A. Rey / Houghton Mifflin (Jp)

f0045736_9151090.jpg
「House on East Eighty-Eighth Street」: 「わにのライル」シリーズの1番最初のお話です。ママが最近買ったほかの「わにのライル」シリーズの本を読ませたかったので、まずはライルがどうやってプリムさんちのワニになったのか、を知ることのできる1番最初の絵本は図書館で借りて読ませました!

House on East Eighty-Eighth Street

Bernard Waber / Sandpiper

f0045736_9154976.jpg
「Five little Sharks swimming in the Sea」: 長い本ばかり読んできたのでちょっとScholasticの短め絵本で休憩!

Five Little Sharks Swimming In The Sea

Steve Metzger / Scholastic Trade



「Can You Make a Scary Face?」: 図書館で見つけてその場で読んだものです。みなが読んだ「The doghouse」と同じ作者のもの。

Can You Make a Scary Face?

Jan Thomas / Beach Lane Books



そらのSno-Isle Library Summer Programのサマー・リーディング・プログラム修了書&タイトルリスト
f0045736_5383617.jpg
f0045736_2272394.jpg
f0045736_2273348.jpg
f0045736_5382877.jpg
Sno-Isleでプライズにも1冊選ばせてもらえた絵本、これにしました。
f0045736_5401784.jpg
引き続きその後も10回ずつ読んでは図書館員に見せて、2回目以降はステッカーをもらって図書館に貼ったはりねずみの紙にステッカーを貼っていくことができる、という仕組みでした。
f0045736_11532956.jpg

[PR]
by mikis1128 | 2013-07-31 00:00 | 4.Movie, Book, Music