和魂洋才の気持ちを忘れず過ごす京女のシアトル(ロス近郊から引越しました)生活日記

by mikis1128

Day6-1: On-the-ship Actibities II

f0045736_14235231.jpgf0045736_1424356.jpg
クルーズ6日目、とうとう帰途をたどる日になってしまった。金曜&土曜は終日海の上で過ごす、ちょっともったいない時間。でもまあ久しぶりにゆっくり寝られるのでアラームも鳴らさず朝寝坊。私とだんなは10時ごろに起きたのでそれから少しだけジム&サウナで汗を流し、12時にSomi&Junとランチで集合。クルーズも6日目になると今までの暴飲暴食がたたってお腹なんて全く減らないくらいなんだけど、せっかくの豪遊、金・土はランチもコースでいかないとね!と豚ちゃん路線まっしぐら。ランチの後はCruise Compass(その日のスケジュール)を見ていろいろなアクティビティーをチェック。まずはBelly Flop Competitionとやらを覗きにアウトドアプールへ。いやあ、これ、恥知らずな(おっと失礼)アメリカ人のおでぶさん達が自分のお腹で腹打ちしたときに飛ばす水しぶきの大きさを競うといういかにもアメリカ!な遊びなのだ。この日はおじさんに混じってかわいい男の子が参加していてご愛嬌だった。この子は全然太ってなかったのできっと目立ちたがりだったんだろう。f0045736_14134725.jpgf0045736_1411495.jpg
それからArt Auctionも一応登録すればアート作品がもらえる、というのでアート鑑賞がてらちょっと参加してみた。結局もらったアート作品とやらはA4のアート・コピーでこれは99ドル相当のアート作品のコピーという唄い文句だったけど、Somiいわく「これ前Pasadenaの美術館でただでもらった」そうだ。ま、いいけどね~♪f0045736_1436373.jpgf0045736_14361170.jpg
というのもこのオークションのお陰でなかなかいい感じのアーティストを1人知ることができたから。この2つの作品もそのアーティストの作品。彼の名前はFelix Masと言う。バルセロナ出身のアーティストらしい。彼の作品でここで見たものはすべて西洋風美人画という感じ。日本びいきなのかよくわからないけど、美人の西洋人が着物着ていたり、この左の写真のように密かに日本画が混じっていたりしているところが日本人としてはとてもうれしい。しかも彼の書く美人がとっても素敵で、私達4人、かなり彼の作品(特にこの2点)が好きになった。左の作品ちなみにいくら?と聞いてみたら1000数ドルからオークションでビットされる、ということ。いや~、持ち家もない私達にはちょっと高すぎ。登録者には400ドルだったか、1名だけ当るという時間があったので、そこでもし当れば残金を出して買おう!と宣言しただんなだったけど、もちろんそんなにラッキーはことは私達には起こらなかった。残念!f0045736_14183590.jpgf0045736_1415332.jpg
2時半からはStars at Seaというグループの"Dance Spirit"というショーをMasquerade Theatreで鑑賞。これがまた老若男女がそれぞれの持ち味を生かしてくれてとってもおもしろかった。一番良かったのは小学生から高校生くらいのガールズ。かわいいわ、ダンスは抜群だわ、でこっちもうきうき。でもおじさんやおばあちゃんグループの検討もすごかった!(おばあちゃんの美脚に目が飛び出そうだったもんね)ダンス・ショーの後は少し花札をして時間をつぶしてから、7時から同じくMasquerade Theatreで行われたThe Hill Brothersによるマジック・ショーも鑑賞。f0045736_1326248.jpgf0045736_13262088.jpg
f0045736_13264336.jpgf0045736_13265620.jpg
[PR]
by mikis1128 | 2006-04-21 00:01 | 1.Life