和魂洋才の気持ちを忘れず過ごす京女のシアトル(ロス近郊から引越しました)生活日記

by mikis1128

Day3: Cabo San Lucas

f0045736_11115899.jpgf0045736_111268.jpg
クルーズ3日目。朝9時ごろにWindjammer Cafeの朝食ブッフェを取りながら、窓から見える景色に感激。そう、船はもう1つ目の停泊地、Cabo San Lucas(カボ・サンルーカス)に到着していたのだ。Caboの岸辺近くに船は泊まっていて360度海と陸の美しい光景。わーい、メキシコだ~。f0045736_11205613.jpgf0045736_103784.jpg
10時半から夕方5時半までCaboで自由行動。船から岸まではTenderと呼ばれる小さな船に運ばれて上陸!。そして私達はまずRoyal Carribeanのオプション(事前あるいは船の中で予約できる、「excursion(エクスカーション:遠足、団体旅行の意味)」と呼ばれていた)にあったオプションツアーの中で最も安かった“Land's End Scenic Cruise"(大人1人$21)というツアーを楽しむ。これはtriple decker catamaranと呼ばれる小型船に乗り換えて、40分ほどLand's End、すなわちバハカリフォルニア半島の先端の美しい景色をクルーズしながら眺めよう、というもの。f0045736_1161040.jpgf0045736_116066.jpg
ちなみにLand's Endは太平洋とコルテス海がぶつかるところだ。写真にある穴のあいた岩が有名なEl Arco(エル・アルコ、アルコ=英語でアーチ)快晴の空の下、透明度の高く美しい海、ああなんかバケーションって感じだねえ!解説してくれるおっちゃんもなんかラテン乗りでジョークがおもしろい。エル・アルコの周りでみんなが写真撮影を楽しんだ後は、まわりのアシカのお昼寝ゾーンや太平洋側のコンドミニアム群、Lover's Beachを通り抜けてツアーは終了。f0045736_10214217.jpgf0045736_10215735.jpg
ツアーの後はお昼近かったけど、ランチは遅めに取ることにして、Lover's Beachでシュノーケリングをすることに。私達はシュノーケリング用ゴーグル・フィンを持参していたのでツアーは必要なかったけど、ツアーの船で一度岸辺に戻ってしまったのでもう一度ビーチまで移動するためには水上タクシーを使わなければいけない。さてここで「ぼられるか、値切るか」のバトルが。メキシコ人はアメリカ人観光客相手、もちろん最初は高く請求してくる。なのでこっちは半額くらいの値段を言って交渉の結果、たいがいまあこれならいいだろう、という価格でお互いが納得するわけ。水上タクシーは運転手と8人くらいが余裕で乗れる、そこに10人以上を詰め込んでやっとスタート!みんな頑張って稼いでます、って感じ。f0045736_11183763.jpgf0045736_11184471.jpg
笑えたのは乗っていた乗客それぞれ支払う金額が違うところ。私達は半額前払い、2時間後に迎えに来てもらい、そのとき残金を支払う、という約束で往復9ドルにしたっけ?でも先に乗っていた夫婦は「往復した後全額払う約束で8ドル」だったり。「ちぇー、でもその分あなた達はタクシーがいっぱいになるまで出発を待ったからね~。」なんて負け惜しみもジョークになるほどノー天気気分。しかし結局このタクシー、半額の値段で先にしたツアーと同じようなことをしてくれたので(時間は短いけど)、ツアーはちょっともったいなかったな。解説付簡単ツアーが終わって1時30分にLover's Beachにてタクシーとお別れ。3時に迎えが来ることになって、シュノーケリングタイム始まり。f0045736_11185236.jpgf0045736_10211011.jpg
しかし名前の割に色気もなにもないわ、このビーチ。小さなビーチで屋台もビーチ・パラソルを貸し出すようなところも全くなし。(写真にあるようにカヤックはあったけど)水持ってきておいて良かった~。だんなのご自慢カメラも砂浜におきっぱになるので、カップル同士時間差シュノーケリングをすることに。水上タクシーのおっちゃんに色目を使って借りたライフジャケットを着て私達夫婦が先にシュノーケリングへ。(色目というのは嘘だけど、おっちゃんに頼んで私とSomi、そして一緒に乗っていた子供だけ借りれた♪)海は澄んでいたけどかなり水が冷たい!魚は結構いてそれなりに楽しんだけど私にはちょっぴり寒かったかな。シュノーケリングは10年ほど前にカリブ海で初めてした時の感動には至らなかったけど、あれは初めてだったから強く記憶に残っているのかなあ。でも十分きれいな海でした。Somi&Jun夫婦と交代し私達夫婦は後半は砂浜で写真をのんびり寝そべってリラックス。
f0045736_1121650.jpgf0045736_10223757.jpg
Somi&Junもやっぱり寒かったみたいで早めにシュノーケリングから戻ってきた。それでも写真を撮ったりしていると時間はあっという間に過ぎ、3時にお迎えのタクシーが来たのでダウンタウンの岸辺まで送ってもらい、ランチに向かうことにした。メインらしいMarina Blvd.を散策してみたけど特にコレ、というレストランがなかったので、観光客向けだろうとは思ったけど無難にRoyal Caribbeanのくれたリーフレットに載っていた「The Shrimp Factory」で食べることにする。 ランチは豪勢にスペシャル・コンビネーションでエビや白身魚、ロブスターなんかをたらふく食べた!ソースもガーリック・バターもおいしい~♪f0045736_11233646.jpg f0045736_11234728.jpg
ランチが遅かったので、食べ終わってからはあまりショッピングの時間が取れなかったのが残念。船は6時出港なのだけど最後のTenderが5時出発だったのでお土産チェックもそこそこに急ぎ足で帰ることになった。Cabo、もうちょっとゆっくりしたかなあ。でもこうやって後ろ髪をひかれながら去るのがちょうどいいのかもしれない。クルーズ・シップに戻った後はシャワーしてちょっとNapをとって遅めのディナーは軽め、早めに取り、時差で次の日は1時間早くなってしまうことになったので早めに就寝。よ~し、明日はマサトランだ!f0045736_11235784.jpgf0045736_1124871.jpg
[PR]
by mikis1128 | 2006-04-18 00:00 | 1.Life