和魂洋才の気持ちを忘れず過ごす京女のシアトル(ロス近郊から引越しました)生活日記

by mikis1128

2月のおんどく本

※ 今月も、「おんどく本」はそらとみな、別々に分けて紹介しています。また、先月から2人がおんどくがあまりに上手になってきたので、ママが読んであげた本は、こどもちゃれんじの2月号(過去に購読したほっぷ、すてっぷ、そして今購読しているじゃんぷすべて)と、ぎょうじの本の2月の分くらいでした!あとは2人が自分で本を読むようになったので、聞き手にまわっています。

 また、今月からそらが毎日英語のおんどくも始めたので、日本語と英語を分けました。英語の本については別途簡単に読んだ絵本のリンクを紹介しています。

みなに選んだおんどく
f0045736_14285292.jpg
f0045736_14283763.jpg
① 「パオちゃんのかくれんぼ」: この本はそらが6月に(日本語教室でやっているプライズをもらうために毎日する、という意味でのおんどくを始めた時に、先生が選んでくださった日本語教室の絵本です。半年後、今度はみなに選んでくださったわけで、さすが、2人目はなんでも早いなあ!と思いますね。

パオちゃんのかくれんぼ (パオちゃんのえほん)

なかがわ みちこ / PHP研究所



② 「シャンプーだいすき!」: これも日本語教室で借りました。以前からみなが好きな本で、図書館と日本語教室で何回か借りて読んであげましたが、今回はおんどくに使いました♪

シャンプーだいすき (あかちゃんのあそびえほん)

木村 裕一 / 偕成社



③ 「うさこちゃんとゆうえんち」: これはお古をもらったものです。結構長いのですが、こういう絵本も自分から読む、というようになってうれしいですね!

うさこちゃんとゆうえんち (2才からのうさこちゃんの絵本セット2) (子どもがはじめてであう絵本)

ディック ブルーナ / 福音館書店



④ 「はやくげんきになってね」: これはこどもちゃれんじの2月号の中のひとつのおはなしです。
f0045736_14325328.jpg


そらに選んだおんどく

① 「よろしく ともだち」: 以前図書館で借りた本の続きものを見つけたので借りておんどくに使いました。このシリーズも大好き!

よろしくともだち (「おれたち、ともだち! 」絵本)

内田 麟太郎 / 偕成社



② 「あいつも ともだち」: 上記絵本と同シリーズで、以前に一度読みましたが、今回はそらにおんどくしてもらいました。上の本ではおおかみさんが、この本ではきつねさんが主人公で繊細な心をのぞかせてくれます。

あいつもともだち (おれたち、ともだち!)

内田 麟太郎 / 偕成社



③ 「ぼくのはね」: 一瞬「ぐりとぐら」の作者かと思いましたが似ているけれど違いました。こどものとも年中版のもので、日本語教室から借りてきた、心温まる一作です。自分の集めているものも、ほかの人に分けてあげられるような素敵な子になって欲しいと思いながら一緒にお話ししながら読ませました。
f0045736_750572.jpg
④ 「きいろいいのしし」: 昔どこかで無料でもらった「ポピっこドリるんあおどりえほん」の5.6歳向けの本に入っていたお話で、これもなんともほろりとするお話です。人と違うことが自分の素敵な点だってことをみんながわかるようになればいいな、というお話。
f0045736_1551650.jpg
f0045736_1552182.jpg

[PR]
by mikis1128 | 2013-02-28 00:00 | 4.Movie, Book, Music