和魂洋才の気持ちを忘れず過ごす京女のシアトル(ロス近郊から引越しました)生活日記

by mikis1128

10月のおすすめ本

 去年の10月から、そらとみなに読む絵本のうち、家の本棚から2人が好きに取って読む本だけでなく、毎月特定の本を選び、選んだ数冊の本は、何度も読み聞かせることで2人にも絵本をより深く楽しんでもらうことにしてきました。もちろん家にある本を選んだこともありますが、たいていは図書館の転送サービスを使いました。今では図書館はそらとみなの大好きな場所のひとつです。もちろん他にも人から借りたり頂いた本もあります。この1年で一体何冊の本を読んだかな、たくさん読んだ気がします。このブログでも紹介しているので一度数えてみようかな。

 お陰で、もともと絵本好きではあった2人がますます絵本が大好きになり、ママに読んでもらうだけでなく、自分達でじっと絵本を見る時間も増えたと思います。何度も読むことで、特定のキャラクターへの愛着も沸くし、質問も増え、答えてあげると内容についてや絵についても関心がもっと沸き、知識も深まり、良い事づくし!ママだって「来月は何を読んであげようか」と考えて、四季や年間行事に合ったものを選んだりもするし頭を使います(笑)それに絵本って子供だけでなくて大人の心も動かすもので、新しい素敵な絵本に出会えた時はママの心も躍ります。今ももうすでに11月に読む絵本、12月に読む絵本のいくつかをピックアップし、図書館にホールドをかけて楽しみに待っているところです♪

 今月は10月、10月といえばハロウィン、ハロウィンといえば「かぼちゃ」!とういことで、もちろん、我が家の愛蔵絵本の1つ、「かぼちゃスープ」は今年もやっぱりフィーチャーして読んでいます。

かぼちゃスープ

ヘレン クーパー / アスラン書房



 それ以外に選んだ今年の秋の絵本は、こんなものたちです。

みなに選んだ本

① だるまさんの: 9月に読んだ「だるまさんが」「だるまさんと」に続く、「だるまさん」シリーズ第3弾。

だるまさんの (かがくいひろしのファーストブック)

かがくい ひろし / ブロンズ新社



② おでかけのまえに:  「はじめてのおつかい」と同じく、筒井頼子さん作&林明子さん絵の本で、この2人の絵本はさすに古くからロングセラーになるだけあって、なんとなく古き良き昔を思い出すような絵と文章でママが読んでいてきゅんとなります。この主人公のように、みなもなんでも自分でしようとするもののすぐにとちっちゃうのですが、このママのように私も気長に娘のやる気を褒め、ミスは笑って見逃すようにしてあげなきゃな、と思いました。

おでかけのまえに (福音館の幼児絵本)

筒井 頼子 / 福音館書店



③ こんとあき: これは上の本の絵を担当した林明子さんが文章も一人で作った絵本で、こちらも日本の傑作絵本の1つと呼ばれているので借りてみたら、上と同じく、やっぱりママがほろりとくるような絵本でした。みなもくまのぬいぐるみで1つ、寝るときは必ず一緒に寝るくまちゃんがいるのですが、あきちゃんのようにずっと大事にしてくれるといいなあ、と思います。

こんとあき (日本傑作絵本シリーズ)

林 明子 / 福音館書店



④ もったいないおばけ: これは日本語教室のガレージでたまにいらなくなった本を自由に持ち帰ってよいコーナーがあるのですが、そこで拾って帰りました(笑)。ハロウィンの季節だし、ちょうど9月に日本語教室で先生が「おばけなんてないさ」を読んで下さって、「おばけ」についての概念もなんとなくわかってきたところなのでちょうどいいタイミング!みなは何かあればすぐ「おばけ、こわくないよ~♪」(笑)
f0045736_5114653.jpg

⑤ Halloween Countdown: 英語のハロウィン本も1冊。この本は昔セールでたまたま見つけてゲットしたもので、簡単な英語なので、みなの英語の(数字のカウントの)勉強にもなりました。

HALLOWEEN COUNTDOWN BB

Jack Prelutsky / HarperFestival



そらに選んだ本

① ランスロットときのこがり: たむらしげるさんの「ランスロット」シリーズ「ランスロットとパブロくん」「ランスロットとはちみつケーキ」に続く第3弾。図書館にあったので、秋っぽい「きのこ」が登場するので選んでみました。シリーズものはなじみやすく、そらもみなももう登場人物の名前も覚えて楽しんで読んでいます。

ランスロットのきのこがり (ロボットのランスロット)

たむら しげる / 偕成社



② Hooray for Fall!: 14匹シリーズで有名ないわむらかずおさんの作品ですが、これは14匹シリーズではありません。本当は14匹シリーズの秋の本を読みたいのですが図書館になかったので(泣)。14匹シリーズ、1冊は持っているのですが全部読みたい!他の作品も帰国したらまたちょっとずつ集めたいなあと思っています。

Hooray for Fall!

Kazuo Iwamura / North South Books

 英語版しかなかったのでうちでは英語で読みながらママの適当な日本語訳で説明しました。ちなみに日本語タイトルは「まっかなせーたー」でした。これ↓

まっかなせーたー (至光社国際版絵本)

岩村 和朗 / 至光社



③ はらぺこゆうれい: 上に書いたように、日本語教室で「おばけなんてないさ」を読んでそらもみなも大喜びだったので、図書館で著者の本があるか調べたら2冊あったので、さっそく借りました。その1つがこれ。

はらぺこゆうれい (せなけいこ・おばけえほん)

せな けいこ / 童心社



④ ばけものづかい: ③に続いてもう1冊見つけたのがこれ。そらやみなに初めてろくろっくびや、からかさおばけ、ひとつめこぞうを見せたと思いますが、怖がりもせずおもしろがっていました。ほっ(笑)それにしてもこの著者せなけいこさんは以前に日本語教室で読んだ「いやだいやだ」や「ルルちゃんのくつした」の著者でもあって、他にもたくさんの絵本を出されていますが、特におばけ本がやたら多い!絵本界の水木 しげるのような存在だったり?!

ばけものづかい (せなけいこ・おばけえほん)

せな けいこ / 童心社



⑤ Happy Halloween, Mittens: そらにも英語のハロウィン本も1冊借りてみました。今年はなんとなく、ハロウィンが来たら子供達がどういうことをして遊ぶのかわかってきたそら、10月に入ってから何度も「ハロウィンはまだ?」とコスチュームを着てTrick or Treatをするのが楽しみでしょうがない様子です。

Happy Halloween, Mittens (My First I Can Read)

Lola M. Schaefer / HarperCollins


[PR]
by mikis1128 | 2011-10-31 00:00 | 4.Movie, Book, Music