和魂洋才の気持ちを忘れず過ごす京女のシアトル(ロス近郊から引越しました)生活日記

by mikis1128

8月のおすすめ本 2012

みなに選んだ本

① ノンタンおよぐのだいすき: みなとそらの大好きなノンタンシリーズ、8月も3つ選びました。どれも2人、ほとんど暗誦できるほど。

ノンタンおよぐのだいすき (ノンタンあそぼうよ (4))

キヨノ サチコ / 偕成社



② ノンタン しゃっくり ひっくひく

ノンタン しゃっくり ひっくひく (ノンタンといっしょ)

キヨノ サチコ / 偕成社



③ ノンタンでかでかありがとう

ノンタンでかでかありがとう (ノンタンあそぼうよ)

キヨノ サチコ / 偕成社



④ にじいろの さかな A・B・C: うちにもある「にじいろのさかな」のアルファベット教育本、といっても絵を見て、「A」とか「B」とか言ってあげるだけだけど。図書館にあるので、夏らしいと思って借りました。

にじいろの さかな A・B・C (にじいろのさかなブック)

マーカス・フィスター / 講談社



⑤ My Car Board Book: これは、図書館のトドラー用推薦本の1つなので選びました。でも英語なのでいまいちみなの食いつきが悪かった(笑)

My Car Board Book

Byron Barton / Greenwillow Books



そらに選んだ本

① ランスロットのはちみつケーキ: 先月借りたランスロットのお話は7月にぴったりだったのですが、この本も今月にぴったりでした。たまたまだったので、母親の勘の良さに自分でもびっくり、なんちゃって。というのは、今月、こどもちゃれんじの本で特集されていたかぶとむしがこの本にも出てくるからです。しかも、かぶとむしの好きな樹液(「きのみつ」と教えてますが)とはちみつが似ていることも教えられたし。そらとみなにはまだはちみつをあまり食べさせていないので、「はちみつ」と言ってもまだぴんとこなかったので、今月は少し甘やかせてこの本を読む度にみんなでクラッカーにはちみつをつけて食べました。

ランスロットのはちみつケーキ (ロボットのランスロット)

たむら しげる / 偕成社



② やさいのパーティーおおさわぎ:  以前、「やさいのおしゃべり」という本を借りたのに続き、「子供にもっとやさいに興味を持ってもらおう」と思って借りた1冊。いろいろな野菜の名前を教えられるのでいいのですが、それだけの野菜をちゃんと食べさせられているかというと・・・・・(汗)

やさいのパーティーおおさわぎ (わたしのえほん)

さくら ともこ / PHP研究所



③ よるくま: 昔日本の本屋さんで人気が高そうに並んでいたのが図書館にあったので借りてみました。うちのみなも夜は必ず大好きなティディベアと寝るので、そらよりみなの方が絵をじーっと見つめていた感じ。そらは、夢の中でくまがママを探す、ということが少しわかってきたようだったけど、「そらは夢見る?」と聞いてもまだ返事がいまいちわかっていないようなので、またしばらくしてから借りなおして、夢について話し合いたいと思います。

よるくま

酒井 駒子 / 偕成社



④ The Frog With The Big Mouth: これもそらが自分で図書館で選んだものです。英語なので正直、自分から何度も読んで、とはせがみませんでしたが、一緒に読もうと言って、ママが最初に大きな声で英語で読んで、次に繰り返して呼んでごらん、と言うと、大きな声でリピートして楽しんでくれました。夏なので、こどもちゃれんじでも「かえる」について学んだ後だったので、たまたま選んだものの、主人公がかえるだったのは、良いチョイスでした。

The Frog With The Big Mouth

Teresa (RTL) Bateman / Albert Whitman & Co



⑤ Mr. Gumpy's outing: これは図書館でPre-Kの子供用に推薦されている本のうちの1冊です。これは、うちにあったのですがすっかり忘れていたので図書館で大きいボード・ブックを借りて読んでました。シンプルなストーリー&素朴な絵で子供にはわかりやすいよう。

Mr. Gumpy's Outing

John Burningham / Henry Holth & Co (J)


[PR]
by mikis1128 | 2011-08-31 00:00 | 4.Movie, Book, Music