和魂洋才の気持ちを忘れず過ごす京女のシアトル(ロス近郊から引越しました)生活日記

by mikis1128

10月のおすすめ本

 今月から、毎月ママがフィーチャーした絵本を載せていこうと思います!このアイディアは日本語親子教室から得たもの。毎月「今月の本」というのがあって、毎週同じ絵本を読んでくださる時間があります。子供たちの記憶力はすごいので、新しい本でも数回読むと、もうストーリーを覚えて、次のページにはどんな絵柄が出てくるか、先生に言える子もでてきます。なのでママも、うちで一緒に遊ぶ時、もちろん子供が好き勝手に手に取る絵本を一緒にも読みますが、季節や行事とあわせたりして時間のある時に必ず読んであげる本を毎月数冊決めることにしました。今月は以下の3冊を選びました。週に数回読んであげるので、そらもみなも楽しんで聞いてくれたり、そらはたまにママに先を読ませないで自分で続きのストーリーを教えようとしてくれたり、この方法のおかげで絵本を読むことにぐんと深まりがでてきたように思います!

① 「かぼちゃのスープ」: 10月なのでこの本がばっちり似合うと思って選びました。去年、シアトルに引っ越す前にロスで仲のよかったお友達ファミリーから頂いたもの。ねこ、りす、あひるの3匹が主人公。このお話を読んでから、かぼちゃのスープも実際に作って食べました♪シリーズものでもう数冊あるようなので、いつか他のも読んでみたいと思っています。

かぼちゃスープ

ヘレン クーパー / アスラン書房



② 「ノアのはこぶね」: 今月プレスクールのテーマが動物、そして今日行われた「Noah's Ark Day」のことも踏まえ、そらに「ノアのはこぶね」ストーリーを覚えてもらおうと思って選びました。こちらも動物がたくさん描かれているのでとっつきやすくみなも興味を持って絵本を見ていました。そらはプレスクールで学んだノアの歌もよく歌っていて、キャラクターにもなじんできました。

ノアのはこぶね

いもと ようこ / 女子パウロ会



③ 「バムとケロのにちようび」: これは「雨のにちようび」のお話なので、これから雨が多くなる季節なので、と選びました。この本の主人公は犬とかえる。この絵本も絵がとっても個性的で大人が読んでもはまります。こちらもシリーズものなので、他の絵本も揃えたいところ。

バムとケロのにちようび

島田 ゆか / 文溪堂


[PR]
by mikis1128 | 2010-10-31 00:00 | 4.Movie, Book, Music