和魂洋才の気持ちを忘れず過ごす京女のシアトル(ロス近郊から引越しました)生活日記

by mikis1128

11月のおすすめ本

 今月からとうとう図書館デビュー!ロスではママが自分のためにたまに借りていたことはありましたが、まだそらもみなも小さいし、家にある本を触らせるだけで十分だったのですが、最近そらが本を読むことが大好きになってきたので、もっともっといろんは本を読ませてあげたい、と思っていたところ、こっちの友人が「シアトルの図書館にも少し日本語の本を置いているところがあるし、転送サービスもできる」ということを教えてくれたので、さっそくオンライン&近くの図書館何箇所かをチェックしてみたら、もう楽しくて!なので今月は日本語・韓国語・英語いろいろな本を30冊ほど借りてしまって、家の中が図書館のようになってしまいました。その中でも特に意識的に何度か読んだ本を紹介しておきます。

① 「こしょうできまり」: 先月の本に選んだ「かぼちゃのスープ」のシリーズ本。これは日本語の本はなかったので、英語の本を借りました。(原題:「A Pipkin Of Pepper」

こしょうできまり

ヘレン クーパー / アスラン書房



② 「とびきりおいしいスープができた!」: 同上。(原題:「Delicious!」

とびきりおいしいスープができた!

ヘレン クーパー / アスラン書房



③ 「くれよんのくろくん」: うちの近くの図書館のWorld Languageの日本語セクションにありました。今月はたまたま日本語学校で読んでもらった本もくれよんのお話だったので、これを借りて読んでみるととても素敵な本だったので、そらも楽しんで読んでくれました。絵本と同じようなことをうちでも実践してみたりも。(色々な絵で絵を書いてからくろいクレヨンでそれを塗りつぶし最後にシャーペンの先でくろい部分を削ってみる。絵本のような素敵な〇〇は作れませんでしたが!)

くれよんのくろくん (絵本・こどものひろば)

なかや みわ / 童心社



④ これは図書館でなく友人から借りたのですが、先月紹介した「バムケロ」の絵本のシリーズの残りすべてと、同じ作家の「ガラゴ」シリーズなど全てを持っている友人がいて、しかもご親切に全部貸して下さいました!ママもそらも「バムケロ」かなりはまっていて大好き!ただし借り物なのでみなに破られたりしたら大変なので、普段はままの部屋に隠していて、ママがちゃんと読んであげられる時にだけ取り出しています。

バムとケロのおかいもの

島田 ゆか / 文溪堂


バムとケロのそらのたび

島田 ゆか / 文溪堂


バムとケロのさむいあさ

島田 ゆか / 文溪堂


かばんうりのガラゴ

島田 ゆか / 文溪堂


うちにかえったガラゴ

島田 ゆか / 文渓堂


ぶーちゃんとおにいちゃん

島田 ゆか / 白泉社


[PR]
by mikis1128 | 2010-11-30 00:00 | 4.Movie, Book, Music