和魂洋才の気持ちを忘れず過ごす京女のシアトル(ロス近郊から引越しました)生活日記

by mikis1128

3月のおすすめ本 2011

 昨年10月からブログ上でそら、みなの成長記録と一緒にご紹介していた子供に選んだ「今月の本」の紹介は、これからも続けていこうと思います!さて、今月私がそらとみなに選んだ本は?!ちなみに本は3冊ずつそらに、みなに、と考えて選んでみてますが、実際読むときはたいてい2人共に読んでいます。(たまに片方が違うことをしていて、じっくりと1人にだけ読むこともありますが、滅多にそうはいかないです。)

みなに選んだ本


① おはなし どこ? おおかみと7ひきのこやぎ: 図書館で借りました。おはなしを読むだけでなく、同じ絵探しもできるようになっているので、インタラクティブでみなも喜びます。

おはなし どこ? おおかみと7ひきのこやぎ (講談社の創作絵本)

大畑 俊男 (撮影) / 講談社


② ポーラーちゃんのおやつ: これも図書館で見つけました。絵がかわいくて③とセットで読み聞かせました。

ポーラーちゃんのおやつ

国松 エリカ / 学習研究社


③ ポーラーちゃんとあざらし: そらにもみなにも、本当はホッキョクグマはあざらしを食べるので、お母さんはかりに行ったんだけど、ポーラーちゃんはね・・・と説明するけど、2人にはいまいちまだ、「ポーラーちゃんは優しい」から「あざらしとお友達になった」ということまで深くはわからなかったみたい・・・。来年また読んだら、そらはなんとなくこの深い意味がわかるかな?

ポーラーちゃんとあざらし

国松 エリカ / 学習研究社



そらに選んだ本

① たこやきようちえん: 図書館で見つけて、そらにかなりうけた本。シリーズであと2冊あるみたいだけど、図書館にはないので残念!

たこやきようちえん (絵本・いつでもいっしょ)

さいとう しのぶ / ポプラ社


② そらまめくんのぼくのいちにち: 去年読んだ「そらまめくんとめだかのこ」と同じ作者のシリーズ2冊目。これもまめたちがとってもかわいい。日本人の絵本はほんと、キャラクターがかわいいなあと思います。この本はお友達にかりました。

そらまめくんのぼくのいちにち

なかや みわ / 小学館


③ ぐりとぐらのえんそく: 「ぐりとぐら」シリーズ。「ぐりとぐら」も以前一度図書館で借りて読みました。私はこの同じ作家の「そらいろのたね」という本も持っています(そらの名前にちなんで家族に買ってもらってプレゼントしたもの)。定番ですが、ほのぼのした雰囲気でベストセラーになるのがよくわかります。 

ぐりとぐらのえんそく(ぐりとぐらの絵本)

なかがわ りえこ / 福音館書店


[PR]
by mikis1128 | 2011-03-31 00:00 | 4.Movie, Book, Music