和魂洋才の気持ちを忘れず過ごす京女のシアトル(ロス近郊から引越しました)生活日記

by mikis1128

東京滞在7日目/水族館&ベイビーを訪ねる

5月23日:、東京滞在7日目。日曜日ということもあって、1日の間に子連れで2箇所もおでかけすることに。そらとみなが疲れ果てないかどきどきだったけど、時差ぼけの方はもうなくなったし、みなのお昼寝の問題さえクリアすればなんとかなるかな・・・と、えいや、と予定を組んでしまったのだ。

 あいにく外は雨。でもK子がベビーカーには雨よけビニール、想良と私にはレインコートも傘も貸してくれてノー・プロブレム。そらなんて、ほぼ初めての完全防備の装いを気に入って喜んでいるほど。
f0045736_1373954.jpg
 1つ目のおでかけ先は品川プリンスホテルの中にある品川アクアスタジアム!小さい水族館だけど、海中トンネル、イルカ&アシカショーが見られるところで、大きな水族館で疲れるよりはちょうど良かった。というのも、もともと水族館にしたものの、メインのイベントはそこで大学時代の友人Yちゃんと彼女のベイビー(といってももうほとんど1歳)R君、そして同じく大学時代の友人K子と会うことだったので。まずは雨の中、目黒駅まで歩き、そこから山手線(そらもみなも初!)に乗り(写真)、品川駅へ。そこでK子とまずおちあう。感動の再会の後、そらが比較的ご機嫌だったこともあり、雨なので私はみなのベビーカーを押し、そらにはK子と手をつないで水族館まで行くように言うと、ちゃんと言うことも聞いて、初対面のK子と仲良く手をつないでしかもかなり上機嫌で水族館まで行ってくれた。これがまず大助かり。雨の日にベビーカーもそらの手もつなぐってのはほんとしんどいので。
f0045736_1374012.jpg
 水族館に着いて、Yちゃんと念願のYちゃんの息子、R君にご対面。と~ってもかわいくて、Yちゃんも幸せそう。みんなが揃ったところで、水族館内にあるキッズ・フレンドリーなレストランでまずみんなでランチ。レストランの中で、海賊船(実際は下の階でアトラクションとしてお客さんが乗れるようになっているバイキングの船)があって、人が乗るたび音楽が鳴り響き、思いっきり揺れ動く船が見られるので、ゆっくり話すには少しうるさいものの、子供達が釘付けで見てくれるので楽な部分もあった。そこでおもいっきりゆっくりランチ&久しぶりのトークを楽しんでから、さて水族館も子供に見せてあげないとね、とやっと重い腰を起こし、移動。でもあんまりゆっくりしちゃったので、アシカショーの会場はもう席がないというアナウンスを聞き、残念ながらアシカショーはパスして、イルカショーを見る前に水中トンネルを見に行く。それなりの人ごみだったのと、Ergo Carrierでみなを背負っていたらトンネルの中でみなが眠りに落ちてくれたので、簡単に水中トンネルを鑑賞し、周りの水槽もぱぱっと見てから早めにイルカショーの会場で席取りに行く。30分もまだ先だったので早いんだけど、まだ人の集まらないうちから座っていたので、みながそこでイルカショーが始まる直前まで眠ってくれたのが本当に後々まで助かった。

 でも大馬鹿だったのは、イルカを近くで見せてあげたいという気持ちで1番前から2つ目くらいの席に陣取っていたんだけど、人が集まってきて誰もその辺りに始め来なかったので「ここって水でびしょびしょになるかも?」と気づき、それでも「まあ少々はいいかあ。」とK子に傘とレインコートを取ってきてもらう程度でことは足りる、ということになり、K子にお願いして、私とYちゃんはしばらくその席に居続けてしまった。するとその後会場アナウンスがあり、「前列のお客様はびしょぬれになる覚悟を」というような内容の放送が!そこで慌ててやっぱりもっと後ろの席に・・・と移動しようとするけど、もうその頃には会場はほぼ満席。それでもぎりぎり3人席とその後ろに1人席が空いている、まあまあ中心だけどそれほど前ではない席を発見し、Yちゃんが「私とRは後ろでいい」と言ってくれたお陰で、私(とみなはひざの上)とそらとK子が3人席に移動、そのすぐ後ろにYちゃんとR君が移動することができた。しかし30分以上も前から席取りに行っておきながらなんて始末。わざわざレインコートまで取りに行ってもらったK子にも悪かった。ごめんね!!そしてこれからはもっと頭の回転を早くさせなくちゃ!
f0045736_1324263.jpg


 でも席を移動したお陰で無事全くぬれることなく、イルカのショーも楽しめた。そらも、そして意外とみなもそれなりにおもしろがっていたので、ここに連れてきてあげて良かった。大人も子供も楽しめたしね。時間は3時を過ぎ、もっと一緒にいたい気もやまやま、次の予定が入っているので、水族館を後にし、Yちゃんとお別れする。K子は次の目的地に行く前に一緒に行くことになっているSを知っていることもあり、Sと待ち合わせていた目黒の東急目黒線の改札まで一緒に付き合ってくれた。お陰で雨の中、そらとまた手をつないでJRまで行けたし、目黒駅で私とみながエレベーターに乗っている間から、そらと一緒にエスカレーターで改札まで行ってくれたり、と~っても助かった。そして何より、なかなか会えないので1分でも長く一緒にいたかったので、私もうれしかった。ありがとう、K子。このメンバーとの写真はどれもみんなの顔が大きく写っているものばっかりなのでここではカットさせてもらいます。

 そして改札でSと会ってからはK子の役目がSにバトンタッチ。目黒線を降りてから次に会う友達Yのところに行く道のりを、Sがずっとそらと一緒に歩いてくれて、これまたと~っても助かった。Yも日曜でおうちにだんなさんがいらっしゃったので、赤ちゃんを少し見てもらって途中まで迎えにきてくれ、素敵なマンションに案内してくれた。だんなさんも結婚式に行けなくて会ったことがなかったので、この日会えて良かった。そして何より、まだ生後2ヶ月のベイビー、H君。ああ、なんてあたたかくてやわらかい、そして軽い!私達がいる間はかなりおとなしくいい子にしていました。会えて良かった!!!H君がいい子だったお陰で結婚式のDVDまで見たりしながらゆっくりさせてもらいました。Y、まだ夜も眠れずお疲れのところ、しかも帰省先帰ってきたところだったのにおうちに呼んでくれて、本当にありがとう。
f0045736_13454082.jpg


 2時間ほどでY邸を後にし、夕食はSと一緒に目黒駅のビルの中にあるTo the Herbsで食べることに。Sは私が東京で過ごした5年ほどの中で、一番良く行動を共にした親友で、今回も東京に来れたお陰で3回会えて、本当に良かった。とうとう明日、東京を離れる、ということで、名残惜しみながらのディナー、・・・といってもみながかなりご機嫌が斜めだったのであやしながらでかなりあわただしかったんだけど・・・。私が宿泊させてもらっているおうちの主人のK子とも数回顔を合わせたこともあったので、SがK子のうちまで(またそらの手をつないで)送ってくれたついでにK子のおうちでお茶だけしていってもらうこともできた。

 そういうわけで、東京滞在記のしめとして、いつもアメリカにいると、クリスマスカードや、赤ちゃんの誕生、引越しなどの折にしかなかなかメールができなかったりする日本の友達だけど、みんな私のことをちゃんと思ってくれていて、忙しいスケジュールの合間に会ってくれたり、残念ながら会えなかった人もメールや何かの連絡をくれたり、本当にありがとう。普段は遠く離れているけど、これからもずっと友達でいようね!そしてTwitterを教えてくれたメンバー、これからはもっと気軽にお互いの近況がわかるね!ちょくちょく使わせてもらいます。

 そして最後に1週間滞在させてくれたK子へ。K子も高校時代からの長い付き合いがある友達とはいえ、今回はほんと、家族のようによくしてくれて、お陰で私がこの1週間、予想以上に楽しい滞在を過ごすことができて、本当にいくら感謝しても足らないくらい、感謝している。K子、本当に本当に本当に、ありがとう!!!これで東京滞在記はしめさせてもらって、いよいよ24日~、京都滞在記となるのだけど、いやはやこんなに時間をかけて更新している余裕があまりないので、京都編はもうちょっと簡単な記録だけになってしまうかも・・・です。お許しを!
[PR]
by mikis1128 | 2010-05-23 00:00 | 1.Life